ASCII.jp

拡大画像

現地のケータイ事情を紹介して、いまや世界共通語になった“ケータイ(KEITAI)”だが、実は日本のケータイが海外のMobile Phoneとイコールではないと力説

記事に戻る